アラフォー敏感肌向けエイジングケア商品体験レビュー

心地よい暮らし-敏感肌のエイジングケア-




豆知識・その他

ヒルドイドに美容効果はない

更新日:

ヒルドイドを美容目的で皮膚科で処方してもらい、使う方が増えているとニュースになっています。(2017年11月現在)
アンチエイジングなどの美容に効果があるとの噂があるようです。

そのため医療費が大きくなり、厚生労働省は保湿薬の処方を保険適用外にすることを検討しています。

 

ヒルドイドとは

ヒルドイドは、アトピーなどの皮膚疾患に用いられる保湿薬です。クリームやローションタイプがあります。

ヒルドイドの主成分は「ヘパリン類似物質」です。
ヘパリン類似物質は、水分を保つ力が強く、しっかり保湿できるのでアトピー性皮膚炎に効果的です。

ヒルドイドの製造販売元はマルホで、別メーカーからジェネリック医薬品が販売されています。
ニュースになっているのは、「ヒルドイド」ですが、共和薬品工業や日医工から販売されているジェネリック医薬品(ビーソフテン、ヘパリン類似物質油性クリームなど)についても同じことが言えるのではと思います。

 

ヒルドイドに美容効果はない

ヒルドイドに美容効果はありません
治療以外での使用ではニキビができる事例もあります

※日本テレビ スッキリ2017年10月31日放送 皮膚科医 吉木先生談

産経ニュースでは、下記のように注意喚起されています。

自己判断で治療以外の目的で使用することは、適切な効果が見込めないだけでなく思わぬ副作用が発現するリスクがある

※産経ニュース2017年10月30日記事より抜粋:http://www.sankei.com/life/news/171030/lif1710300004-n1.html

皮膚疾患の治療は時間がかかるから、費用もかかる

私の娘は、アトピーに苦しんでいます。
かゆくて仕方なく、特に夜布団に入り体が温まるとかゆみが強まり、かきむしってしまいます。

このようなアトピーに悩む患者のために、ヒルドイドなどのヘパリン類似物質は処方されています。
アトピーなどの皮膚疾患は、長期戦です。すぐに治るものではないので、長く治療費がかかります。だから保険適用で保湿剤が処方されることに救われています。

ヒルドイド等ヘパリン類似物質の美容への使用が医療保険をひっ迫し、アトピーに悩む方の負担額が多くなるのは、避けたいことです。

噂を鵜呑みにせず、美容には美容化粧品を使用するようにしてください。

 

※美容についての記事を書いているので、このニュースを取り上げさせていただきました。

 




他の方のブログが見られます♪

にほんブログ村 美容ブログ エイジングケアへ

-豆知識・その他
-,

Copyright© 心地よい暮らし-敏感肌のエイジングケア- , 2019 All Rights Reserved.