アラフォー敏感肌向けエイジングケア商品体験レビュー

心地よい暮らし-敏感肌のエイジングケア-




肌のこと

敏感肌は間違ったケアが原因かも?!

更新日:

いつも使っている化粧水がある日しみるようになった。
新しい化粧品を使い始めた途端ブツブツができた。

こんな肌トラブルの体験はありませんか?

肌トラブルが起こると「敏感肌」だからスキンケア用品やメイク用品が原因で起きたのでは!?と思いがちですが、もしかすると間違ったケアによるものかもしれませんよ。

この記事では肌トラブルが起こる原因について書いています。

 

肌トラブルの原因はスキンケア用品ではない可能性がある

敏感肌の方は、スキンケア用品やメイク用品の成分に反応し、赤みやブツブツができることがあります。
私もこれまで多々経験してきました。

ただ化粧品のどの成分に反応するかは人により異なります。
アレルギーを起こす成分は色々ですし、本人が気づいているもの・気づいていないものがあります。私自身花粉・ハウスダスト・猫等々のアレルギーですが、まだ気づいていないものがあるようで特定の化粧品で肌が真っ赤になったり湿疹が出ることがあります。

体質的に敏感肌の方はおられますが、元々敏感肌なのではなく、間違ったケアによって肌が過敏になり敏感肌だと思っている場合があるんです。

もし間違ったケアが原因なら、正しいケアをすれば肌が改善されますね。
間違ったケアって一体なんでしょうか。

間違ったケアとは?

肌を保湿できていない

乾燥しているのに化粧水だけで済ませたり、高い化粧品を使っているからと使用量が十分でないと肌を十分に保湿できていないことがあります。

保湿が十分でないと肌は乾燥します。
乾燥した肌は皮脂が不足し、ひびわれたり皮がむけ、かゆみや赤みの原因になります。

洗いすぎている

洗浄力の高いオイルクレンジングやシートでふき取るタイプを毎日使っていたり、洗顔で洗いすぎると肌のバリア機能である皮脂まで洗い流してしまいます。
皮脂が不足すると肌が乾燥するので、赤みやかゆみの原因となります。

角質を落としすぎている

ピーリングやスクラブで角質を落としすぎている場合も同様です。必要なうるおいまで流されてしまうことで肌トラブルの原因となります。

顔をこするように拭いている

入浴後や洗顔後、タオルでこするようにごしごし拭いていていませんか。
タオルで拭く場合は抑えるように肌についた水分をふき取りましょう。こすると掻いた場合と同じように肌を傷つけてしまいます。

 

まとめ

肌のケア方法は間違っていませんでしたか?

乾燥や洗いすぎなどでダメージを受けると、肌のバリア機能が弱まり刺激に対して敏感になります。

冬は特に乾燥しやすいので、化粧水・美容液・乳液・クリームなどでしっかり保湿し、それでも乾燥が気になれば美容オイルを使ってみるのがおすすめです。

洗いすぎは肌に刺激になりにくいミルクタイプのクレンジングを使ったり、ごしごし擦らずぬるま湯で洗い流し、優しくタオルを当てて水分をふき取ってください。

補足:ホルモンバランスが崩れる時期も敏感になりやすい

女性は生理前や生理中は肌が敏感になります。新しい化粧品を試す時は、その期間はさけた方がいいですよ。

 




他の方のブログが見られます♪

にほんブログ村 美容ブログ エイジングケアへ

-肌のこと
-, ,

Copyright© 心地よい暮らし-敏感肌のエイジングケア- , 2019 All Rights Reserved.