アラフォー敏感肌向けエイジングケア商品体験レビュー

心地よい暮らし-敏感肌のエイジングケア-




化粧品の成分 日焼け止め

ノンケミカルとは?エイジングケアに欠かせない日焼け止めの知識

更新日:

ノンケミカル、SPF、PAなど日焼け止めならではの用語があります。
よく分からないけど、なんとなく良さそう、といった感覚で使ってはいませんか?

紫外線はエイジングを進める原因なので日焼け止めは必要です。正しく使うことで肌の負担を減らすことができます。

この記事では、日焼け止めに関する知識をまとめました。

スポンサーリンク

日焼け止めには大きく分けて2種類ある

紫外線吸収剤(ケミカル)


紫外線吸収剤は、紫外線を防いだ後エネルギーを放出するため、刺激が強いといわれます。
白浮きしにくく塗りやすいのが特徴です。

ケミカルの成分

オキシベンゾン、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、t-プチルメトキシジベンゾイルメタン、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシルなど。

紫外線散乱剤(ノンケミカル)


紫外線散乱剤は、紫外線を反射させて防ぐので低刺激です。ただ、紫外線吸収剤より日焼け止め効果は弱いものが多いです。
以前は白浮きしやすいものが多くありましたが、現在はノンケミカルでも白浮きしにくいものがあります。

ノンケミカルの成分

酸化チタン、酸化亜鉛など。

UVAとUVB


UVAは長波長紫外線のことで、紫外線が肌の奥まで到達します。しわやたるみの原因となります。
雲やガラスも通るので、くもりの日や室内でも影響を受けます。

UVBは短波長紫外線のことで、表皮に影響を与えます。しみやくすみの原因となります。

SPF

SPFは日焼けや、UVBを防ぐ効力を示しています。
SPF30、SPF50というように、2~50の数字で表されています。数字が大きくなるほど、防ぐ時間が長いことを示します。
例:SPF30の場合、日焼け止め効果は 20分×30=10時間効果が持続します。

 

PA

PAはUVAを防ぐ効力を示しています。
PA++、PA++++など、+が多い方が効力があります。

 

まとめ

ケミカルの方が日焼け止め効果は高いので、強い日差しの元に出かけるときだけケミカルにし、普段はノンケミカルのものを使うのが理想的です。(ケミカルで刺激を感じる場合は使用しないでください。)

SPFやPAも数値が大きい方が肌に負担がかかるので、使い分けていきたいですね。

また、敏感肌の方は日焼け止めのエタノールDPGの成分が刺激が強く炎症を起こしやすいので、成分を見て入っていないか確認してください。

 

敏感肌におすすめノンケミカルの日焼け止め

▼海やレジャーの強い紫外線から肌を守る▼

デザインもかわいい日焼け止め
ノンケミカルでSPF50+、PA++++の日焼け止め!エバーピンク欲ばりサンスクリーンαを使って紹介♪

日焼け止めは、日常生活用のものとレジャー用とで強さを使い分けることで肌への負担は少なくなります。でも ...

続きを見る

▼日常使いに最適な日焼け止め▼

ヴェレダ 「エーデルワイス UVプロテクト」石鹸で流せる日焼け止め。日常使いに最適!

ヴェレダは1921年スイス生まれのオーガニックコスメで、植物由来の成分にこだわり幅広い年齢の方に愛さ ...

続きを見る




他の方のブログが見られます♪

にほんブログ村 美容ブログ エイジングケアへ

-化粧品の成分, 日焼け止め
-,

Copyright© 心地よい暮らし-敏感肌のエイジングケア- , 2019 All Rights Reserved.