アラフォー敏感肌向けエイジングケア商品体験レビュー

心地よい暮らし-敏感肌のエイジングケア-




化粧品の成分

化粧品で使われる界面活性剤は安心なのか

更新日:

界面活性剤は肌によくない、というのは聞いたことがありますか?

私は娘が赤ちゃんの頃その話を聞きました。
「界面活性剤はよくないよ。赤ちゃんは肌が敏感だから石鹸や洗剤には気をつけた方がいいよ!」
そんな風に色んな方から聞き「そうなんだ、じゃぁあまり使われてないものを使おう」と、おすすめされるものを使っていたことがあります。

本当に界面活性材は悪者なのでしょうか。そもそもどうして界面活性剤は使われ、界面活性剤とは何なのでしょう。

肌に優しい化粧品を使うためには、きちんと知る必要がありそうですね。

 

界面活性剤とはなに

「界面活性材」の「界面」とは異なる物質同士の境目のことで、コップに注がれた水なら水と空気が触れ合う部分のことです。
界面活性材はその境目に起こる力(表面張力)を弱めることができる物質です。

表面張力を弱めることで、通常入り込めない細かな隙間(繊維の隙間など)に洗剤等の成分が浸透することができます。

 

化粧品における界面活性剤

水と油は混ざり合いませんが、界面活性材を使うことで混ざり合わせることができます。(乳化)
化粧品は、水溶性のものと油脂性のものが使われているので、その成分を混ぜ合わせるために界面活性材は使われています。

洗剤に使われるのは陰イオン界面活性剤で、化粧品に使われるのは非イオン界面活性剤と、同じ界面活性剤でも別の種類のものです。非イオン界面活性剤は肌への刺激がないので、肌への悪影響はないといわれています。

 

「合成」と「植物性」

化粧品に使われる界面活性剤で「合成」「植物性」などの言葉が使われますが、これからの言葉を使う厳格な規定がなく、混ざりあっていても「植物性」と表記できます。だから「合成」「植物性」といった表記のみを見て肌に良い、悪いは判断できません。

下記サイトに石油系界面活性剤の名称が記載されていたので、引用させていただきます。

ラウリル硫酸ナトリウム
ラウレス硫酸ナトリウム
ラウリル硫酸アンモニウム
ラウレス硫酸アンモニウム
ラウリルスルホン酸ナトリウム
キシレンスルホン酸ナトリウム
スルホン酸ナトリウム
パレス-3硫酸ナトリウム
パレス-3硫酸アンモニウム

「スルホン酸」「~硫酸」「Na(水酸化ナトリウム)」「アンモニウム」などの名称があった場合は、石油系合成“界面活性剤”と言われています。

※肌らぶ「化粧品に含まれる「界面活性剤」ってなに?上手な付き合い方について」より引用

見分けるために上の記事を引用させていただきましたが、あくまで石油系だから肌刺激が強いわけではありません。
成分を見て使用し、肌に合わないと思ったら同じ成分が使われている製品はさけるといった自分に合った化粧品探しが必要です。

 

まとめ

界面活性剤は1種類のみと思っていましたが、化粧品に使われるものは洗剤やシャンプーに使われる界面活性剤とは別物でした。

肌に刺激がないので、化粧品に使われる界面活性剤については心配しなくてもよさそうです。

ただ、これは私が本やインターネット、文献等で調べた結果なので、100%安心との保証はできませんのでご了承ください。

point
化粧品の界面活性剤は問題なし。けれど洗濯洗剤等では気を付けなければいけない界面活性剤の成分がある。

 




他の方のブログが見られます♪

にほんブログ村 美容ブログ エイジングケアへ

-化粧品の成分
-,

Copyright© 心地よい暮らし-敏感肌のエイジングケア- , 2019 All Rights Reserved.