アラフォー敏感肌向けエイジングケア商品体験レビュー

心地よい暮らし-敏感肌のエイジングケア-




お悩み たるみ

肌のたるみには5つの原因と改善法があった。たるみ向け化粧品やマッサージ法を詳しく紹介。

更新日:

顔にたるみがあると老けた印象になります。
鏡を見るたび気になって、なんとかしたいと思っていませんか?

ハリのある肌を取り戻すにはどうしたらいいのでしょうか。

まずはたるみができる原因をしること、そしてたるみを改善する方法を試すことです。

この記事ではたるみの原因家でできるたるみ改善方法について書いています。

たるみの原因とは?

たるみの原因は大きく分けて5つあります。

たるみの原因1、加齢

加齢によってハリの元となる成分が減少し、たるみを引き起こします。

ハリの元となる成分とは肌のコラーゲンやエラスチンです。
特にたるみを起こしやすいのは、目の下のくぼみ・頬・たるみ毛穴・ほうれい線・あご。

加齢には逆らえませんが、肌の構造から不足している成分が分かれば対策もあるんですよ。改善策は次項目で紹介します。

たるみの原因2、表情筋の衰え

顔の筋肉である”表情筋”が衰えるとたるみを引き起こします。

筋力がなくなり脂肪が増えると、皮膚や脂肪を支えきれずたるんでしまいます。
また口を空けていることもたるみの原因。終始だらしなく口を開けているとあごがたるみ、二重あごの原因となります。

たるみの原因3、姿勢が悪い

猫背などで姿勢が悪いことは肌へも悪影響を与えます。

長時間パソコンに向かっていたり、姿勢が悪いと首や背中の筋肉が衰えます。

顔は首から背中まで背骨やリンパ線で繋がっており、猫背になる事で二重アゴやフェイスライン・頬がたるむ等の症状を引き起こします。
ドクターシーラボサイトより引用

また姿勢が悪いと腸の働きも鈍ります。腸がうまく働かないと老廃物が溜まってしまうので肌へも悪影響があります。

たるみの原因4、むくみ

むくみもたるみの原因です。
ストレスや運動不足、塩分の摂りすぎ、お酒の飲みすぎ等で顔がむくんだ経験はありませんか?

むくみは顔のたるみに一見関係なさそうですよね。一時的なことが多いから。

でもむくみを繰り返すと皮膚がのびて しわやたるみを引き起こすんです。
それだけでなくむくんでいる状態は肌の下に老廃物がたまっているので、老化を加速させてしまうといわれています。

むくみの原因5、糖化

糖分の高いものや炭水化物の食べ過ぎはコラーゲン線維やエラスチン線維を変性させます。
コラーゲンやエラスチンは肌のハリを保つ大切な成分です。それが変性してしまうとたるみの原因となります。

だから甘いお菓子やパン等を食べ過ぎているとたるみを加速させてしまうんです。
美味しくてついつい食べ過ぎてしまうものですが、糖分の高いものや炭水化物はほどほどに!

糖化についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

【糖化】は老化の原因!エイジングケアは体内からのアプローチも必要

「糖化」はエイジングケアをするなら予防したい現象です。「糖」と「化す」なんて明らかに良くなさそうな印 ...

続きを見る

point
つまり上の5つを行っているとたるみが進んでしまうんですね。

ではたるみを改善するにはどうすればいいのでしょう。

たるみを改善する5つの方法

改善法1、化粧品で肌のハリを出す成分を補う

コラーゲンやエラスチンの減少がたるみの原因だと書きました。だからこれらを足してあげればいいんです。化粧品で補いましょう。

たるみの原因となる成分を補えるものを選んでください。コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の元である線維芽細胞を活性化させる役目を果たすものです。つまり次の成分が含まれていることがポイントとなります。

  • ビタミンC誘導体
    ビタミンCを肌に吸収しやすい形に変えたものです。ビタミンCはコラーゲンを増やす作用があります。成分表記には「リン酸アスコルビル」「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」等と表記されます。
  • レチノール
    ビタミンAの一種でコラーゲンを増やす作用があります。ただ刺激が強いので敏感肌の方は使用を避けるか少量から試してください。
  • AHA(アルファヒドロキシ酸)
    グリコール酸、乳酸、フルーツ酸、クエン酸などを総称した呼び名です。ピーリングに用いられる成分で刺激が少なく、肌のターンオーバーを促進し肌の弾力をもたらします。
  • ナイアシン(ビタミンB3)
    肌の代謝を活性化させます。刺激が少ないので敏感肌の方におすすめの成分です。
  • 抗酸化力のある植物エキス
    油溶性甘草エキス、オウゴンエキス、ポリフェノールなどです。紫外線や食べ物で肌は酸化し老化が進むので、酸化を抑えることでたるみを予防します。

他にヒアルロン酸、セラミド、ビタミンE、トコフェロール、プラセンタ、コエンザイムQ10、EGF (ヒトオリゴペプチド−1)、イソフラボン、アセチルヘキサペプチド‐8、トリペプチド、パントテン酸もたるみへの効果が見込めます。

 

今のスキンケアにプラスするならこれ!

ビューティーオープナー

ビューティーオープナー 口コミ

>>30代からの悩み肌に【ビューティオープナー】

洗顔後すぐに使う美容液。卵殻膜エキスが95%以上という高濃度で配合されていることにより、ハリ、潤い、透明感ある肌に導いてくれます。使った翌朝には肌がきゅっと引き締まり、1回の使用で良さを実感できた化粧品です。ビューティーオープナーのあと、普段の化粧水などのスキンケアを行います。つまりいつものケアにプラスするだけ!

 

スキンケアを変えるならこれ

マキアレイベル クリアエステライン

マキアレイベル スキンケア

>>"神ファンデ"のマキアレイベルから生まれたスキンケア【10日間トライアルセット】

たるみの原因の1つであるコラーゲンの減少。クリアエステラインはコラーゲンを与えることはもちろん、コラーゲンを生む、束ねるメカニズムにも着目されたスキンケアです。ハリだけでなく、セラミドカプセル(グリセリン・スクワラン・セレブロシド・ヒアルロン酸Na)配合で、潤い持続が実感できました。
トライアルセットが10日分980円(税込)という価格も魅力!

 

美白も叶えたいならこれ

アスタリフト ホワイト

アスタリフトホワイト

>>アスタリフトホワイト 美白トライアルキット

富士フィルムから発売されているアスタリフトの美白(※)シリーズ。
美白だけでなく、フィルムメーカーならではの浸透性を高めるナノ技術で、ビタミンC誘導体などの成分を角層までしっかり届け、潤いある肌に導くことで、たるみを予防します。美白(※)もたるみ予防も両方叶えたい方におすすめです。
(※美白とは、メラニンの生成を抑えてしみやそばかすを防ぐこと)

 

ヒアルロン酸を刺す

ヒアロディープパッチ

刺すヒアルロン酸

>>口周りの年齢サインに『ヒアロディープパッチ』

目元やほうれい線などの気になるところに、小さな針を刺すことでヒアルロン酸を肌の角質層まで届けるパッチです。貼った時はちょっとチクチクしますが、朝には針も解け、目元にハリがでました。週一回のスペシャルケアとして使います。

 

改善法2、表情筋を鍛える体操をする

たるみは表情筋の衰えが原因にもなるので、表情筋を動かして鍛えましょう。
表情筋を鍛える器具も発売されています。無理な表情を作って表情筋を鍛えるとしわが深くなる場合があるので、器具を使うのは理想的です。

でも器具は高いから自分でやりたい!という方は次の方法があります。

表情筋を鍛える方法1

口を閉じた状態で上の歯から下の歯まで丸を描くように下でなぞります。まずは時計回りに20回、次に反対回りで20回行います。

表情筋を鍛える方法2

ペッとボトルに少しだけ水を入れ、唇でくわえて持ち上げ10秒キープします。これを3回繰り返します。

表情筋を鍛える方法3

おおげさな程口を大きく開けて「あ」横に口をのばして「い」口をたこのように突き出して「う」舌を下へできるだけ伸ばして「べ」。
これを声も出しながら3回繰り返します。

改善法3、姿勢を正す

立ち姿は壁に沿って立つことで矯正できます。
かかと、おしり、肩、後頭部を垂直な壁に付けます。このとき足は揃えて指先をv字に開きます。手は体に添えて下に伸ばします。お腹とお尻をきゅっとしめて3分間保ちます。

毎日行うことで、正しい姿勢を保つために必要な筋力が鍛えられますよ。

座り姿は、机と上半身を90度にし頭を上に引っ張られているように上半身を伸ばします。パソコンなどのディスプレイを見ている場合は、顔から40cm以上離します。
Fujitsuパソコンを使う時の姿勢を参照しました。

改善法4、マッサージする

リンパの流れに沿ってマッサージすることでむくみが解消されます。
マッサージは何も塗っていない状態で行うと肌を傷つけてしまうので、必ずマッサージクリームやオイルを塗ってから力を入れすぎず適度に圧をかけて行います。

こめかみ、あごの下、耳の下から鎖骨にかけて指で押します。次に上画像のように目の周り、フェイスライン、小鼻からフェイスライン、耳の下から鎖骨へとリンパを流すように軽く圧をかけながらマッサージします。往復せず、必ず一定方向に動かしてください。

 

マッサージにおすすめのオイル

メルヴィータ アルガンオイル

メルヴィータアルガンオイル

>>うるおって、ハリ&ツヤ。運命の一滴 アルガンオイル | オーガニック認証コスメ メルヴィータ

2011年から美容雑誌などで28冠している大人気のオイルです。
のびやすくすぐにサラサラになり、マッサージオイルとしてだけでなく、ハンドケア、ボディケア、ブースターとしても使える万能オイルです。

 

改善法5、食事

野菜を多く取り、偏らずに栄養を摂ることで肌へも十分な栄養が行き届きます。

塩分やお酒の摂りすぎはむくみの原因となりますし、甘いお菓子やパン、ごはん、ラーメンやうどんなどの炭水化物は、食べた後体内で”糖質”に変わり食べ過ぎると体内に溜まってしまいます。

たるみを改善するためには食事面にも気を付けましょう。
バランスよく食事することが大切ですが、特にたるみに効果的なのがビタミンA、C、E、食物繊維が豊富な食べ物です。
大豆類、キノコ類、モロヘイヤ、ごぼう、れんこん、ブロッコリー、ひじきなどは積極的に食べるといいですよ。

農林水産省で推奨されている食事バランスガイドでは1日に何をどれだけ食べればいいか確認できます。

 

まとめ

たるみの原因と改善方法についてまとめました。
姿勢を正したり食事を改善したりとすぐに実行できることもあるので、早速たった今から実践してください。

私はパソコンに向かって作業することが多いので、まさに姿勢は大切だと思い改善しています。

改善法を試してもすぐには効果はでません。化粧品も続けることで効果が見込めます。
いつまでも若々しくいるための努力は、何もしないことと比べると必ず差がでます。
たるみを改善してハリのある輝きある肌を取り戻しましょう。

ぜひ行ってみてくださいね。




他の方のブログが見られます♪

にほんブログ村 美容ブログ エイジングケアへ

-お悩み, たるみ
-

Copyright© 心地よい暮らし-敏感肌のエイジングケア- , 2019 All Rights Reserved.