アラフォー敏感肌向けエイジングケア商品体験レビュー

心地よい暮らし-敏感肌のエイジングケア-




化粧品の成分

知っておきたい。化粧品成分の見方

更新日:

化粧品の成分は、聞いたこともない名前の成分が ずらーーっと並んでいて、初めのうちは見ると頭痛がしました。何がなんだか分からなさすぎて。。

化粧品成分の表示には一定のルールがあります。
ルールを理解して表示を見ると、ちょっと見る目が変わってきますよ。

スポンサーリンク

化粧品の成分は配合量の多い順に並んでいる。


(写真は有名メーカーの美容液です)

成分の表記は、配合量の多い順に並んでいます。
上の美容液では、最初に書かれている「水」が一番多く、最後の「クロルフェネシン」は少ないということになります。
2番目、3番目の「シクロペンタシロキサン」「ジメチコン」は共にシリコーンの種類で、皮膜性があるので肌が保護されます。(コン、シロキサンが語尾につくものはシリコーンです。)

 

配合量が1%以下のものは、どの順に書いても良い。

配合量が1%未満になると、順番に決まりはありません。
だから、イメージの良い成分(植物エキスなど)を上の方にもってくる場合があります。前の方にあると配合量が多いように感じるからですね。

ではどこからが配合量1%未満なのでしょうか。

それが見分けられれば、どの程度の量が配合されていて、実際に効果が見込めるのか見分けられます。

配合量1%未満を見分けるポイント

以下の成分は1%未満の配合量です。だからこれらを見つけると、以降の成分が1%未満であると見分けられます。

  1. 植物エキスの名前
    アロエエキス、オレンジ果皮油、ローズマリーエキスなど。植物名が入っています。
    上写真の美容液では、グレープフルーツ果皮エキス、セージ葉エキスなどがあります。
  2. ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分の名前
    ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲンなど。
    上写真の美容液では、イソペンチルジオール、BGなどがあります。
  3. 防腐剤、酸化防止剤などの品質を保持、安定させる成分の名前
    安息香酸、クロルクレゾール、ソルビン酸及びその塩類、フェノキシエタノール、レゾルシンなど。
    上写真の美容液では、シクロペンタシロキサン、ジメチコンなどがあります。

おや??と気づく・・・

ここであることに気づきました。

上写真の美容液では、2番目に「シクロペンタシロキサン」が表記されています。この成分が配合量1%未満ということは、この美容液はほぼ水でできているということですね・・・。いいお値段したのに・・・。

でも安心してください。

いずれも1%未満で効果が見込めるものなので、1%以下しか配合されていない成分なのです。
多く塗るから効果がでるわけではありませんね。(自分で調べていてほっとした瞬間でした。)

だから、上記の名称以降に書かれている成分は、配合量が1%未満です。
※すべの化粧品には当てはまらず、例外もあります。

 

敏感肌なら避けたいエタノール量の見分け方

敏感肌の私は、エタノール入りの化粧品を塗ると肌がヒリヒリします。だから配合されているものは避けたいんですよね。

でもエタノール入りでも刺激を感じないものもあります。それはなぜでしょうか。

エタノールは、植物エキスを抽出する際にも使われる

エタノールは、植物エキスを抽出する際にも使われます。
その場合の使われる量は微量なので、肌への刺激は感じられません。

成分を見た時に成分の後ろの方に「エタノール」の表記があれば、使われているのは1%以下の微量なので、敏感肌の方でも使えます。
逆に成分の前の方に「エタノール」の表記があると、ヒリヒリしやすいので注意が必要です。

 




他の方のブログが見られます♪

にほんブログ村 美容ブログ エイジングケアへ

-化粧品の成分
-, ,

Copyright© 心地よい暮らし-敏感肌のエイジングケア- , 2019 All Rights Reserved.