アラフォー敏感肌向けエイジングケア商品体験レビュー

心地よい暮らし-敏感肌のエイジングケア-




お悩み シミ

シミが気になったら使いたい化粧品。敏感肌ではどう選ぶ?

更新日:

顔にできたシミは特に目につくので気になりますね。
私も気にしている一人です。
シミは紫外線の影響でできる茶色いシミ、いぼのように盛り上がったもの、そばかす、肝斑などいくつかの種類に分けられます。

シミといえば美白化粧品と思い浮かべますが、実際どんな美白化粧品が良くて、どんな効果が期待できるのでしょう。
この記事では、シミの種類と美白化粧品の選び方・作用を紹介しています。
※美白とはメラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐこと、または日やけによるしみ・そばかすを防ぐことを指します。

 

顔にできるシミの原因と種類

顔にできるシミをよーく見てください。
丸かったり、形が三角や四角などばらばらだったり左右対称だったりと、特徴が見つかります。あなたのしみはどれに当てはまりますか?

老人性色素斑(日光性黒子)

シミの多くがこの老人性色素班です。老人性色素班は紫外線の影響でできます。
初期は薄い茶色で、この時点では美白化粧品が有効といわれています。だんだんと濃くなっていき、定着してしまうと美白化粧品では効果が薄く、レーザー治療が有効とされています。

美白化粧品の効果:初期なら〇、後期では×

脂漏性角化症

シミがいぼのように隆起したものです。いぼの表面はぼつぼつしています。皮膚自体が変化しているので美白化粧品では消えません。

美白化粧品の効果:×

雀卵斑(そばかす)

頬や鼻の上にできるちいさなシミの集まりをそばかすと言う方が多いですが、厳密には遺伝的なものを言います。
シミの形はばらばらで、色白の方に多くみられます。美白化粧品の効果は薄く、繰り返しできる可能性があります。

美白化粧品の効果:△

肝斑(かんぱん)

妊娠中や更年期などのホルモンバランスが崩れた時にでやすいのが肝斑です。頬や額、鼻の下に左右対称にできます。
肝斑によるシミは、トラネキサム酸を数か月服用することで薄くなることが多いです。美白化粧品も効果的です。

美白化粧品の効果:〇

炎症性色素沈着

ニキビや傷跡がシミとなって残ったものです。ムダ毛を抜いた時に毛穴が炎症を起こして痕が残ることがありますが、それもこのタイプに分類されます。

美白化粧品の効果:〇

花弁状色素斑

海などで大量の紫外線を短期間浴びて日焼けした時にできます。肩から背中やデコルテにかけて、円ではなく花びらのようなシミができます。
美白化粧品の効果は薄く、レーザー治療が有効です。

美白化粧品の効果:×
point
シミにはこんなにも種類があったのですね。美白化粧品は、初期の老人性色素斑・肝斑・炎症性色素沈着に効果的であることがわかりました。

 

シミが気になった時に使いたい化粧品の成分

美白化粧品は、シミができる段階でメラニンの生成を抑える働きをするものです。製品によってどの段階でメラニンの生成を抑えるかは違ってきます。

以下は厚生労働省が認めている成分で、油溶性甘草エキス以外は医薬部外品です。

美白効果のある成分

  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • コウジ酸
  • エラグ酸
  • ルシノール
  • リノール酸
  • カモミラET
  • トラネキサム酸
  • 4-メトキシサリチル酸カリウム塩
  • マグノリグナン
  • プラセンタエキス
  • 油溶性甘草エキス

他に、ハイドロキノンやレチノールなどがあります。

補足:化粧品に含まれる成分について
2013年カネボウから販売されていた化粧品に含まれる美白成分「ロドデノール」を使った方に、白斑様症状が確認され自主回収されたことがありました。化粧品に含まれる成分はものによって肌に影響が出る場合があります。現在安全と言われているものでも、絶対に安全とは言い切れません。それはどの化粧品であってもです。
化粧品は肌状態を見ながら使い、赤み・かぶれ・刺激・発疹などの異常を感じたらすぐに使用を中止してください。
point
医薬部外品に配合される美白成分にも、多くの種類がありますね。具体的に敏感肌で美白したい方向け美白化粧品をご紹介します。

 

敏感肌にはどんな美白化粧品がおすすめ?

シミはどんな肌質でもできるので、敏感肌の方の中でも美白したい方はおられるでしょう。(私もそうです)まず敏感肌の方は、成分を見て、刺激が強いものは避けてください。
刺激が強く敏感肌におすすめできないのが、ハイドロキシンやレチノールです。

敏感肌の私は、ビタミンC誘導体、アルブチン※、プラセンタエキス、甘草エキスが配合されたものをよく使っています。※アルブチンも濃度が高いと刺激になる場合があります。

具体的には、下記の美白化粧品を使いました。

アスタリフト ホワイト

富士フィルムから発売されているアスタリフトの美白シリーズです。
成分に「アスタキサンチン」が使われているのが特徴で赤い色をしています。アスタキサンチンは、老化の原因である活性酸素を除去する能力が高く、アスタリフトは更にそれをナノ化することで肌への浸透力も実現しています。美白効果のあるアルブチンが配合されているので、美白しながらエイジングケア(※)したい方におすすめの化粧品シリーズです。
※年齢を重ねた肌にうるおいを与えてくれることを指します。

価格:トライアルセット5日分 1,000円(税別・送料無料)


公式サイト>>アスタリフトホワイト 美白トライアルキット

 

POLA「ホワイトショットSXS」(医薬部外品)

ホワイトショットSXS シミ

POLA「ホワイトショットSXS」は、気になる部分にぴたりと密着する美容液です。POLAオリジナルの美白有効成分が詰まっていて、密着して留まるから角層までしっかりと届きます。
研究・開発から生産まで、すべてを自社で行い、数多くのベストコスメを受賞しているPOLAの美白ケアシリーズの1つです。美白成分としてルシノール、ビタミンC誘導体などが配合されています。

普段使いのスキンケアにプラスして、部分的なシミに使いたい方におすすめです。
1本で約3ヵ月使えます。(真珠サイズを朝・夜使った場合)
※美白とは、メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐこと。

価格:単品12,960円(税込)


公式サイト>>WHITE SHOT

 

POLA「ホワイトショット インナーロック タブレット IXS」

ホワイトショット インナーロック タブレット IXS
ホワイトショット インナーロック タブレット IXSは、POLAの美白シリーズ「ホワイトショット」の1つです。
POLAのオリジナル原料が使われた身体の中から、ケアするサプリです。
普段塗るスキンケアのみで行っていて、物足りない方、身体の中からケアしたい方におすすめです。敏感肌でも飲むスキンケアなら、気にしなくていいですよね。

価格:1袋60粒 6,200円(税抜)


公式サイト>>【POLA】ホワイトショット インナーロック IX

 

まとめ

シミが気になったら使いたい化粧品・サプリ、敏感肌の方はどんな美白化粧品を使うと良いかについて紹介しました。

アスタリフトホワイトはトライアルセットのみ使用したので、私はシミへの効果は未体験ですが、肌の透明感が感じられたとの口コミはいくつか見られました。肌に合うなら続けることで効果が期待できます。エイジングケア(※)もできるから、化粧品をがらっと入れ替えて使うのがおすすめです。(※年齢肌にうるおいを与えることを指します。)

POLAホワイトショットSXSは、すでに別の化粧品を使っていて、部分的なシミが気になる方に使いやすい美容液です。口コミでの評価が高く、透明感がでてきた・密着する使用感が使いやすいとの声が見られました。

ホワイトショット インナーロック タブレット IXSは、身体の中からケアしたい方向けです。サプリなので、敏感肌関係なく取り入れやすいですね。

 

美白効果のある成分の中には、敏感肌に刺激が強いとされるものがあります。(刺激の少ないものでも肌に合わない成分はあります。)
1度使ってみてご自身の肌に合わなければ中止することも可能ですが、最初から肌荒れを避けられるならその方がいいですよね。
特に敏感肌の方は、美白化粧品を購入される際は成分をチェックしてください。

 

参照:素肌美人になれる正しいスキンケア事典、化粧品検定2級・3級対策テキスト
資生堂サイト 美容成分辞典
美容成分オンライン




他の方のブログが見られます♪

にほんブログ村 美容ブログ エイジングケアへ

-お悩み, シミ
-,

Copyright© 心地よい暮らし-敏感肌のエイジングケア- , 2019 All Rights Reserved.